【小並感】ビジコン『Business Contest YOAKE 2015』に行ってきましてん


  • この記事をシェア

  • facebook_share

IMG_3342

 

お久しぶりです!菊ちゃんです!

12/15にウィルグループ主催のビジネスコンテスト『Business Contest YOAKE 2015』の決勝大会に行ってまいりました!
(ちなみに上記リンク先の『Business Contest YOAKE 2015』のページはあのペライチで作られています。こんなところからもウィルグループのスタートアップに対する愛情がビンビン感じられますね。)

総勢60チームのエントリーから勝ち上がった6つのサービスが賞金100万円を懸けて凌ぎを削ったこの決勝大会、会場はもう熱気ムンムン冬なのに半袖必須でした!

既にTHE BRIDGEさんがこの大会について素晴らしいレポートをされているので、僕は低い視点から登壇していた6つのサービスについて小学生並みの感想を述べていきたいと思います。
俗に言う小並感ってやつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?もう決勝大会から1週間以上経ってるじゃんって?

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!鮮度が命のメディア業界で忘れた頃にやってくるレポートができるのはウチだけなんです!

これがstartup cameraらしさstartup cameraイズムってやつですよ!尖ってなんぼっス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓穴掘っても掘り抜けてぇ!突き抜けたなら俺の勝ちぃッ!!

 

 

オラオラァッ!直々にご招待くださったウィルグループ及びご関係者のみなさまぁッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィルグループ&YOAKE 2015最高!!

レポートが遅くなり大変申し訳ございませんでした

 

 

 

 

 

 

 

 

では、レポートをドウゾ

 

JobQ
JobQのプレゼンター小川さん。普段はキュートでユーモア抜群でもここぞでやる男です。
JobQプレゼンターの小川さん。普段はキュートでユーモア抜群でもここぞでやる男です。

JobQは仕事やキャリアに特化した匿名Q&Aサービスです。
以前startup cameraでも取材させていただいたサービスですね。

転職を成功させるためには転職先の企業を理解することが不可欠ですが、企業のリアルな情報をインターネット上で手に入れるのはなかなか難しいですよね。
JobQでこういった転職先の企業に関する質問をすると、様々なキャリアを持つ他のJobQユーザーが丁寧に答えてくれます。

驚きなのはJobQに登録しているユーザーのうち回答者が8割を占めているということ。
誰しも自分の知っていることを教えてあげたいという欲求は持っているもので、そういった人間の心理をうまく刺激して勝手にコンテンツが集まってきているような状況を作っているわけですね。すごい!

転職エージェントではお金の出所である企業側に偏った採用マッチングを行いがち。
JobQはこうした転職者にとって不利な状況を打開し、個人が最高のパフォーマンスを発揮できるキャリアを歩めるような社会を作ろうと努力されています。
日本でも終身雇用の時代が終わりつつあると言われている現在、一刻も早く成功してほしいサービスの1つだと思いました。

 

HRDataBank
HRDataBank最高経営責任者の丁さん。プレゼンからユーモアある人柄が醸し出されていました。
HRDataBankプレゼンターの丁さん。プレゼンからユーモアある人柄が醸し出されていました。

HRDataBankは発展途上国の優秀な人材にフォーカスしたグローバルな求人求職プラットフォームです。

2016年正式リリースの予定ですが既に日本で働くことに意欲的な5000人(そのうち3割が日本語を話せる)の人材情報を確保しているとのことです。

HRDataBank上で希望にマッチする人材を検索、気に入った人にオファー→テキストチャットによる事前面談→ビデオチャットによる面接→採用の際は就労ビザ発行のサポートまで実施と、海外求人採用をトータルでサポートする手厚さが売り。

人材情報にはその人材がホームシックにかからないためには何を用意したら良いか、学歴に記されている海外の大学がどのくらいのレベルかなどといった、スキルや人間性以外の痒いところに手の届く情報が豊富に用意されているところも大きな特徴。

ユーザーへのヒアリングを繰り返し行い、そこで見つかった痛みを1つ1つずつ潰してきた。そんなユーザーに寄り添った姿勢が滲み出ている素晴らしいサービスだと思いました。

IT系以外でも例えば外国人観光客が集まる地方宿泊施設など、外国語の扱える人材は地域や企業規模を問わずニーズがあるようで、まずは中小規模の企業をターゲットに影響力を強めていくようです。
是非とも人材領域のGoogleになっていただきたいですね!

 

と和
と和プレゼンターの小池さん。一番惹きこまれるプレゼンでした。
と和プレゼンターの小池さん。一番惹きこまれるプレゼンでした。

と和はなんらかの理由で美容室にいけない人の元へ美容師を派遣する訪問美容ビジネスです。

代表の小池さんが車椅子生活を余儀なくされた際、友人に前髪を切ってもらったことをきっかけに荒んだ心が好転していった体験から生まれたそうです。

外に行くのも一苦労で高齢者や患者さんが「もっとキレイになりたい」「もっと褒められたい」と外に意識を向けるようになるキッカケを生む素晴らしいサービスです。
料金は通常の美容室と同水準、交通費なども一切取っていないとのこと。いくらなんでも良心的すぎです!

美容師業界では働きたくても働けない30歳以上の美容師が多くいるようで(美容師の平均年齢は27歳、就職率は39%)、そういった層の中でも介護に向いた女性の人材を積極的に利活用していくようです。

また、自分に自信を持ちはじめた要支援者が外に出て美容施術を受けられるよう巣鴨にユニバーサルデザインの実店舗も構えられているそうで、訪問美容と両輪で拡大させていくとのこと。
(ユニバーサルデザインっていうのは文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができるモノのことです。先ほどググりました。)

美容難民を救いたいという思いがビンビン伝わってくるとても熱いサービスです!実家の神戸にあれば是非祖母に利用させたい!
巣鴨には歩いて行ける距離に住んでいますので近々実店舗の方へ突撃レポートしたいと思います!

 

Brand Pit
Brand Pitプレゼンターの山浦さん。プロダクトへの自信がプレゼンにも表れていました。
Brand Pitプレゼンターの山浦さん。自社プロダクトへの自信がプレゼンにも表れていました。

Brand Pitはソーシャルで公開されている画像から、いつどこで誰がどんな商品を使っているかといった情報を集め、ブランドマーケティングに役立てる解析ツール。
よくあるキーワードやネットワーク解析とはまた違う面白い切り口ですね!

例えば大学生の宅飲みの写真からは、どのブランドのビールが飲まれているか、どんなおつまみが一緒に食べられているかといった情報が、投稿者の情報、投稿時間、投稿場所と一緒に手に入るわけですね。
スゴイと同時になんだか怖い世の中になってきたなーと感じてしまいます。

Brand Pitはブランドのロゴを検知する技術に長けており、シワシワのTシャツ上のロゴや一部隠れてしまっているロゴでも検知可能だそうです。

ビジネス分析ソフトウェア市場は成長率33.2%とノリに乗っている市場、更に画像に特化することで言語の壁もお構いなしとかなり将来有望なサービスみたいです!

そしていつかstartup cameraでBrad Pittネタやらしてほしいサービスです!
もうサービス名聞いた時からBrad Pittを絡めてどんなサービス紹介するか妄想が止まりませんでした(笑)

 

Qangaroo
Qangarooプレゼンターの上田さん。
Qangarooプレゼンターの上田さん。熱すぎるプレゼンで発生した蜃気楼により写真が全てボヤけてしまっていたので授賞式の写真で代用させていただきます。(すみません!!)

Qangaroo(カンガルー)はWeb製作のテスト工程一元管理ツールです。

システム開発においてテスト工程(システムが想定どおり動くかチェックする工程)の負荷は高く、全行程の4割ほどにのぼるそうです。
ただ、このテスト工程のボリュームや精度はかなり属人的で、テスト計画者のスキルや知見(更には好みまで)に大きく左右されてしまう。

Qangarooはこのテスト計画から進捗確認、果ては仕様変更などのトラブル対応までを人工知能を活用して一括管理してくれるそうです。
これによりテストのやり過ぎや抜け漏れが解決できてしまうという元SEの僕からすると夢のようなツールです!

バグ発生がそのままコンテンツの低評価に繋がってしまう(そのコンテンツ自体は面白いにもかかわらず!)スマホゲームを最初のターゲットにするようです。

単にテストといってもプログラミング言語やシステムの使われ方によってその水準は変わってくると思うので、個人的にはかなり難しい挑戦だと思いました。
是非険しい道を突破してデスマーチに放り込まれている世のSEやプログラマを救っていただきたいです!

 

Spice
Spiceプレゼンターの金子さん。さすがのファッションスタートアップ、オシャレさピカイチです。
Spiceプレゼンターの金子さん。さすがのファッションスタートアップ、オシャレさピカイチです。

Spiceはファッションに特化した動画メディアです。
ECサイトでは分からない実物の質感やサイズ感を、動画をとおしてモニター越しに知ることができるサービスです。
C CHANNELと違い生配信にこだわり、ニコ生のようにコメントでモデルや視聴者とコミュニケーションが可能。
コミュニケーションの取れるテレビショッピングといった感じでしょうか?

僕も服を買うときは特に着丈を大事にしているのでECで服を買ったことは一回もなく、是非解決してほしい課題だなと思いました。
動画で質感や着丈についてどこまで納得できるかはなかなか難しいところで、いいモノを長く派な僕としてはもう一押し説得材料があるといいなと思いました。
現在のところ女性モノしか扱っていないようなので、個人的にまずは男性モノの取り扱いに期待!

 

もう全員優勝!!

以上6チーム、いずれもレベルが高くてビックリしてしまいました!

何より、どのチームからも「誰かを救いたい」「社会をこの手で変えたい」という強い想いが伝わってきて、「スタートアップってやっぱ面白い!」と改めて思いました!

それぞれが見つけた『変えたい未来』に向かって裸一貫で突っ込んでるあの感じ!もうね、全員『情熱大陸』出ていただきたい。

グランプリはHRDataBankさんとなりましたが、「全員優勝!!」と言いたくなるような大会でした!

機会があれば今回登場したスタートアップに追って取材を行いたいと思います!

それでは!